記事詳細

【PNN】夢の演出引っさげ今年最期に傾く、激アツ3Dキセル「CR真・花の慶次2」

★「CR真・花の慶次2」(ニューギン)

 年末年始、この漢(おとこ)がホールを盛り上げる。「CR真・花の慶次2」(ニューギン)は、3D演出が特徴だ。圧巻は激アツのキセル演出。慶次が右手を振ると、キセルが眼前に飛び出して迫ってくる。誕生から10年、激アツ演出の代名詞といえるまでに育った「キセル」が究極の進化をとげた。「確変転落タイプ」だが、打っている分にはST機と変わらない。週明けの18日から設置が始まる。

 アナ 今年の漢字一文字は「北」に決まりましたね。

 解説委員 じゃ、こちらは今年の漢を決めよう。

 アナ 2017年に最もブレイクした俳優ランキングでは竹内涼真が1位でした。

 解説委員 違う、パチンコ界限定で探すんだ。

 アナ 最近ヒットした機種といえば「戦姫絶唱シンフォギア」「まどマギ」「不二子」「大海4」あたりが思い浮かびますが……。

 解説委員 全部主役は女じゃないか。もっとぴったりの漢がいるだろう。慶次だよ、慶次。

 アナ 今年、花の慶次の新作って出ましたっけ。

 解説委員 遅れてきた大物ってやつだ。来週から入る「CR真・花の慶次2」が一気に話題をさらうだろう。実は年内にもう新機種は出ない。つまり、ここから年明けまでの20日間ほどは慶次が最新機種としてホールの主役に君臨することになるんだ。

 アナ ゲーム性はシリーズ初めての「転落タイプ」ですが、戸惑うことはありませんか。

 解説委員 真・RUSH中は内部的に確変から通常に転落していてもわからないが、電サポが最低100回転は続くわけだから、打っていて何かが気になるということはない。100回転で電サポが終わってしまったら「どこかで転落していたんだ」と思うだけだし、101回転以降も続けば「転落する前に当たってくれ!」と願いながら打つだけだ。

 アナ 100回転目の電サポ継続分岐演出がドキドキですね。

 解説委員 継続すればまだ確変中であることが確定するからな。101回転目からはリーチに発展すると大当たりor転落だから、ドキドキだ。

 アナ 通常時は3D演出がポイントですね。

 解説委員 パチンコの激アツ演出といえば、今や「魚群」か「キセル」かの二大巨頭。3Dのキセルはパチンコファンにとって夢の演出のひとつだろう。

 アナ 慶次シリーズは歌も聴きどころですよね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 初回(ヘソ入賞時)の確変突入率は70%、電サポ中は同100%。確変転落タイプで、転落確率は約1/270。確変中は毎回転、転落と大当たり(約1/145)の抽選を行っている。100回転までは通常に転落しても電サポが続き、転落した場合でもいつ落ちたのかはわからない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう