記事詳細

美熟女たちはなぜ「12月20日」に燃え上がるのか? (1/2ページ)

 「何かいいこと、起きないかな……」。風が一気に冷たくなったのと反比例するように、美熟女たちの身体は火照りはじめる。12月、寒空の下。いつもより少し大胆になった彼女たちにとって、1年でいちばん“特別な日”が、今年も近づいてくる。

 〈この日、空けておいてください〉

 普段は受け身の性格で、自分から誘うことはないというユミコさん(42)だが、12月に入って男性にそんなメールを送った。

 「半年前から時々2人きりで会うようになった仕事先の相談役で、3週間に1回くらいのペースで誘われて、食事に行って、ホテルに行って……という関係です。夫と結婚して10年目の私のことは、こういう関係になるのが初めての女と思っているみたいで、いつも優しいんです。

 忙しいそぶりを見せると『悪いから』ってデートの誘いも遠慮する人だから、今回は絶対会いたいと言わなきゃって思ったんです。12月に入ると女はみんな高まってくるんです。この感じを解消できないまま来年を迎えるなんて考えられないから、いつになく強引に誘ってみました」

 自分の仕事と、子供のバレエの発表会、夫の両親も招待するクリスマスパーティーの合間を縫って、唯一、大丈夫な「12月20日」に、ユミコさんは急き立てられるように約束を取り付けた。

 「年末の忙しさもその日のために頑張れるって言い聞かせています。特別な日だから、普段は着けないようなセクシーな下着で、これまでしていなかったようなことも、してあげたいなって、あれこれ考えています」

 ユミコさんのように、12月に入ると“高まり”を感じる美熟女は少なくない。不倫当事者の取材を続けるライターの亀山早苗氏は、「イルミネーションが女性を燃え上がらせ、心を狂わせる」と言う。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース