記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】世界一の栄養価誇る“森のバター”で血流を良くしよう 生活習慣病予防にぴったりな「アボカドのナムル」

 2017年の“登りおさめ”をしてきました。低山でしたが1400もの石段が、登山初心者の私にとってはかなりキツく、体力の衰えを痛感。80歳になっても元気に山歩きをするのが夢なので、来年の目標として「基礎体力を付ける」ことを誓いました。

 さて、今回の主役は、生活習慣病撃退はもちろん、健康的な体作りやエイジングケアにも最適なアボカドです。アボカドは世界一の栄養価を誇る果物だというのをご存じですか? 11種類のビタミンと14種類のミネラルを含んでいて、あのギネスブックに「世界で一番栄養価の高い食品」として記録されています。

 また、独特のねっとりとした食感から“森のバター”と称される通り、アボカドには脂肪分が豊富に含まれています。この脂肪分はリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールの減少や血流の改善に働きかけてくれるので、動脈硬化をはじめとする生活習慣病予防にぴったりなのです。

 アボカドのフレッシュな味わいが引き立つナムルで、凝縮された栄養をたっぷり取り入れ、せわしない年末を乗り切っていきましょう!

 【材料】2人分
 アボカド 1個
 焼きのり 1枚
 [A]
 白ねぎ 15センチ
 ごま油 大さじ2
 いりごま 大さじ1
 塩 小さじ1/4

 【作り方】
 1 アボカドは2センチ角切り、白ねぎはみじん切りする。
 2 [A]を混ぜ合わせアボカドを和えて器に盛る。焼きのりを手で握り振り掛ける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう