記事詳細

【ロト6 どんピシャ予想】最大数字の球色に注目 過去3回すべて黄色、本命数字は「2、41、43」 (1/2ページ)

 5億円近いキャリーオーバーを受けた12月18日、第1236回の抽せんは1等が2口、4億円を超える当せん金額となった。年内抽せんもあと3回。6億円は出現するのか。結果の数字を見ているだけでは気がつかないが、抽せんに用いられる球色のデータを記述しているとわかることがある。

 第1233回の「33」、1234回の「40」、前々回の「42」、前回の「39」。いずれも出た本数字の最大数字だが、抽せん球の球色でいうとすべて黄色なのだ。続いているツラを追うのはギャンブルの鉄則。抽せんセット球のローテーション的には、次回はDセットかBセットあたりが有力で、それぞれのセットで黄色の最大数字は「41」と「43」。しかもこの2つは、Dセット、Bセットが直近で使用された回(第1226回と1227回)でも出ている。これは買わない手はない。文句なしの本命数字に。もう1つの本命数字には、前回「1、3」に挟まれたカンチャン数字の「2」を入れる。

 対抗数字だが、プラスマイナス1の流れのあるところは本数字では皆無。辛うじて前々回「ボ33」→前回「ボ34」からの「35」。あとはむしろ前回連続数字で出た「38、39」の両隣の数字「37、40」が買いとみる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう