記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】脊振山脈や佐賀平野を露天風呂から一望!東脊振温泉「山茶花の湯」と「みつせ鶏」料理

★佐賀県吉野ヶ里町 東脊振温泉「山茶花の湯」と「みつせ鶏」料理

 長崎自動車道、東脊振(ひがしせふり)ICから約5分、佐賀市内から国道34号線で約30分の日帰り温泉、東脊振温泉「山茶花(さざんか)の湯」の泉質は単純温泉、源泉温度は40.3度、PHは8.28のアルカリ性で柔らかな湯だ。男性露天風呂「見晴らしの湯」は脊振山脈を一望、女性露天風呂「見晴らしの湯」は佐賀を一望できる。

 一部加温循環ろ過は施しているが、加水は一切されていない。源泉かけ流しの内湯、天然の湧水を加温してかけ流す内湯と露天湯など、さまざまな湯船と湯を提供しているのも特徴。九州地区に多く、人気が高い家族風呂(時間制の貸切風呂)も各種なタイプを持ち、天然湧水をかけ流しで利用している。

 施設内のレストラン「利休亭」では、フランスの赤鶏系列のブランド「みつせ鶏」を使った丼、から揚げ、スープハンバーグ、しゃぶしゃぶなどをメーンに、佐賀牛のローストビーフや栄西茶(えいさいちゃ)を使った鯛茶漬けなど、工夫を凝らしてご当地食材を提供している。 (一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■ひがしせふり温泉 山茶花の湯 佐賀県吉野ヶ里町石動76の4 (電)0952・53・2619。大人720円。営業時間10時~23時。年中無休(メンテナス休館あり)。詳細はHPで。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう