記事詳細

【おやじ酒場】豊富なメニューが激安激ウマの大衆酒場「寅圭 武蔵小山駅前店」東急目黒線・武蔵小山 (1/2ページ)

★大衆酒場「寅圭(とらよし)武蔵小山駅前店」東急目黒線・武蔵小山

 東急目黒線で目黒から2駅目の武蔵小山。通称「ムサコ」と呼ばれ、この界隈(かいわい)はのんびりとした下町の雰囲気を残すも、駅前は再開発の波に飲み込まれ、その一角に軒を連ねていた小路は一掃された。路頭に迷う呑兵衛の救世主は奇跡的な安さの“せんべろ”の新星だった。

 改札を出て東口。赤ちょうちんの街並みが姿を消して、小ぎれいになった駅前。目の前にある商店街「パルム」は約800メートルという東京最大級の長さを誇り、別路線の戸越銀座の商店街まで続く。その脇には大きな黄色い看板に「寅圭」の文字がドカン!

 店内は素朴でこぢんまり。「トラック野郎」の映画ポスターが貼ってあり懐かしい雰囲気。4人用テーブル席が2つ、2階にもテーブルが7つ。厨房(ちゅうぼう)を囲んだカウンターに陣取り、お品書きをのぞき込む。生ビール(中、390円)にサッポロラガー赤星(大瓶、500円)とそろうも、サワー系13種類が180円という価格に驚く。迷わずキンミヤ焼酎の酎ハイで乾杯。

 アテのメニューは豊富で驚きの価格。メーンはやきとん、焼き鳥など25種類の串焼き。1本80円~。焼き台は店長の原田健太郎さんが粋な装いで務め、スタッフ3人と切り盛り。店で人気上位の串を5本(写真の右から、つくね、手羽焼、バラ、上タン、トマトベーコン、にんにくの芽)を香ばしく焼いてもらい、アツアツを頬張った。いいあんばいの塩焼き。継ぎ足してきた秘伝のタレに漬け込まれた甘辛のタレ焼きはジューシーだ。「手で仕込んだ串と備長炭がおいしさを引き出すんですよ」と原田さん。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう