記事詳細

冬の全身カサカサ肌の対策を医師に聞いてみた (1/4ページ)

 冬は乾燥の季節ということで、脚や腕、お腹の周りなどあらゆるところが乾燥してしまい、粉ふきいものような状態になってしまう人はいないだろうか。「教えて!goo」でも「全身の乾燥対策」として、冬の乾燥に悩む投稿が。保湿のためにクリームを塗るなどの対策を募っているが、全身だと毎日たとえ1回であっても塗るのが大変である。何か別の方法はないのか? 銀座よしえクリニック皮膚科医師、廣瀬嘉恵先生に見解を伺った。

 ■冬に肌がカサカサする理由

 そもそも冬に肌がカサカサしてしまうのは、なぜなのか?

 「肌には水分をコントロールしているところが大きく3箇所あります。ひとつは【表面の膜】、次に【保湿因子と呼ばれるその下の部分】、そして【さらにその下の細胞間脂質と呼ばれる場所】です。このどこかで水分量が低下すると、乾燥肌になります。加齢はこの3つ、すべての機能が低下します。外から保湿を補えるのは表面だけであり、深いところは食事、生活習慣などあらゆる要素に気をつけないと、体質改善はしづらいかもしれません」(廣瀬先生)

 肌が乾燥する原因はひとつではないようだ。様々な要因が重なって、乾燥肌を作ってしまうのだ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A