記事詳細

“愛の国”は意外と現実的、情熱的なマザコン男も?「世界婚活」著者が語る今ドキ海外結婚観事情 (1/3ページ)

 「人の気持ちは変わるもの。結婚なんて理想でしかない」……。「教えて!goo」にある「結婚観の違いに驚き!」という質問には、あるフランス女性の結婚観が取り上げられ、日本人との違いに様々な意見が寄せられている。文化が違えば結婚観も千差万別。世界各国を婚活して回った体験を綴った「世界婚活」(朝日出版社)の著者、中村綾花さんに各国の結婚観を聞いてみた。

 ■フランス:意外と現実的な一面も?

 まずは質問に挙がっていたフランスでの感想から。

 「十人十色。日本のように社会や世間のルール、他人の目を意識することはほぼない。その日、その日の本能で生きるところがある。不倫という感覚は日本のように強くなく、好きになった本能のまま突き進むのみ。それを周りがとやかくいわない。なぜなら、誰でも人間、そういうものだという寛容がある」(以下カッコ内は中村さん)

 形式にとらわれないロマンチックさはフランス人らしいといえるだろう。一方で現実的な面もある。

 「愛や家族が仕事より何より大切。結婚はあくまで制度の1つ。する人もいれば、しない人もいる。税制対策のために、事実婚や結婚する人も」

 愛に溺れるだけではなかった。したたかな面も見習いたい。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A