記事詳細

【健康誌イチオシ特報】疲れ目・かすみ目に効く指ヨガ 手は体全体の縮図、刺激することで全身の不調を緩和 (1/2ページ)

 好評発売中の月刊誌『健康』1月号(主婦の友インフォス)では、目の血流と気の巡りをよくして、疲れ目、かすみ目をとる指ヨガを紹介しています。

 目の疲れやかすみは、放っておくとさまざまな体の疲労のもとにもなります。こうした疲れ目、かすみ目の原因は、目の使い過ぎや目の運動不足、寝不足などにより、目の周りの血行不足や気の巡りが悪くなってしまうことで起こります。

 そんなときに試してほしいのが、指ヨガ。中指の先端部分から、3分の1下がったところから根元までを爪先で刺激したあと、指全体をもみほぐせば、血行と気の流れをよくしていくことができます。

 もともとヨガには、「部分即全体」という考え方があります。これは、「部分は単に全体の一部に過ぎないのではなく、その部分の中に全体がある」という考え方です。この考えに沿って指ヨガは完成しています。

 例えば、生物の細胞の中にある遺伝子情報が、その生物全体を物語っているということが現代の科学ではわかっていますが、まさにそれと似ているのが指ヨガなのです。

 手は体全体の縮図でもありますから、指を刺激することで、体のさまざまな部位や全身の不調を緩和していきます。指圧と似ていると思うかもしれませんが、指圧とは違って体全体の気の流れを整えることで、全体をも整えていくのが指ヨガの特徴です。

 簡単に実践できる指ヨガですが、行うときは呼吸を意識してください。呼吸は腹式呼吸で、ゆっくり深く吸って吐くのが基本。深く長く呼吸することで、自分の心身にあるよくないものを排出していきます。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース