記事詳細

鏡餅にみかんをのせるのはNG!鏡餅の由来や飾るタイミングを専門家に聞いた (3/3ページ)

 ■鏡餅のお飾りには、さまざまな意味がある

 市販の鏡餅セットには、橙(イミテーション)と鏡餅のほか、三方、四方紅、裏白、などのお飾りが入ったものが多い。それぞれのおかざりの意味も聞いてみた。

 「三方は、神様、尊い相手への供物を載せる台で、三方向に穴があいているためこの名がつきました。敷紙(四方紅)はお供えを載せる色紙のことです。四方を『紅』で縁取ることで、天地四方の災いを払い、繁栄を祈願しています。シダの仲間である裏白は、古い葉と共に、新しい葉が次第に伸びてくるため、久しく栄えるという意味を持っています。また、葉の裏が白いことから、心に裏が無い清廉潔白を願い、かつ白髪になるまでの長寿も祈願しています。なお、正式には、裏の白いほうを正面に向けて飾ります」(石坂さん)

 このほかにも、家督を親から子へゆずり、代々続くことを願う「ゆずり葉」、喜ぶの語呂合わせから「昆布」などが飾られることもある。地方によって異なり、必ずこれを使わなければならないという決まりはないとのことだった。

 これから鏡餅を飾るという方は上記を参考にしてみてほしい。

 ●専門家プロフィール:石坂 伸二

 越後製菓株式会社、鏡餅管理部 部長。越後製菓には鏡餅を専門に取り扱う部署が置かれている。

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A