記事詳細

【健康誌イチオシ特報】冬は寒さで内耳が血流不足に…耳鳴り・めまい・難聴は「つむじゆるめ」で撃退 (1/2ページ)

 16日に発売されたばかりの『わかさ』3月号(わかさ出版)は、冬に悩む人が増える「耳鳴り・めまい・難聴」を大特集しています。いずれも、標準治療だけではよくならないことが多く、中高年の男女を悩ませるやっかいな症状です。

 そんな耳のトラブルがなぜ、冬に増えるのか。それは、聴覚や平衡感覚をつかさどる内耳が、寒さで冷えて血流不足になるから。

 これまでも『わかさ』は、耳のトラブルの解消法を多数紹介してきましたが、今月号は、新発見の内耳の血流アップ法を紹介しています。

 その名も「つむじゆるめ」=方法は別項。医師で帝京平成大学ヒューマンケア学部教授を務める上馬塲和夫氏が提唱する「つむじゆるめ」は、「頭皮を頭頂部に向けて持ち上げるだけ」と、とても簡単なインド発祥のセルフマッサージ。

 「つむじゆるめ」を行うと、手が届かない内耳の静脈と動脈の血流を一挙に、そして効率よく促すことができるといいます。

 その秘密は、頭全体を覆っている帽状腱膜という筋膜にあります。帽状腱膜には、頭部の血液を心臓に戻す重要な静脈が通っており、冷えやストレス、加齢などの影響でむくんだり硬くなったりすると、脳や内耳の血流が停滞して耳のトラブルにつながるそうです。

 実際、耳鳴り・めまい・難聴に悩んでいる人の頭皮にふれると、頭皮がむくんだり、硬くつっぱったりしていることが多く、そうした患者さんは額や眉間にシワが寄ることが多いといいます。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース