記事詳細

リッチな年上男性との結婚、でもその先は地獄……? (1/3ページ)

 結婚を考える際、年上の男性を希望する人もいるのでは。それこそ、年齢が上であることで経済的に余裕があり、人生経験も豊富で頼りがいがあるとなると、悠々自適な生活を送れそう……と、パパ活、神待ちをしている女性にとってリッチな年上男性はまさに夢のようなお相手。しかし、一見リッチに見える年上男性との結婚も、見えないリスクはある。以前「教えて!goo」「夜の営み、介護問題……夫が年上の『年の差婚』 女性には覚悟が必要?」と、年上男性と結婚した場合のリスクを夜の営み、介護の観点でご紹介したが、今回は別の観点から探ってみたい。

 ■確かにリスクは多数ある

 年上男性の年齢を40代後半~50代と想定すると、それ相当の役職に就いている可能性が高い。一見結婚を考えるならよさそうな条件であるが……。

 恋愛の悩み、夫婦仲問題の相談に乗っている心理カウンセラーの堀江健一さんに意見を伺ってみた。

 「たとえば相手が相当の役職に就いていたとしても、終身雇用制が崩壊した現行の雇用事情を考えると、それ以上の出世が見込めず、年収が頭打ちになる経済的なリスクは充分あり得るでしょう。しかし、これらはリッチな年上のパートナーだけに限らないことです。ほかにも、役職定年で定年が早く、転職が難しくなるリスクもあるでしょうか。しかし、転職に関しては本人の能力や人脈など、個人的な資質によるところが大きいように思います。さらには、夫の役職定年で若い奥さんが働くことが求められるリスクもゼロではなく、そうしたリスクも考えて貯蓄をしておく必要はあるでしょう」(堀江さん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

人気Q&A