記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】腹腔鏡の胃がん手術で高実績 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科教授の持木彫人さん (1/2ページ)

★埼玉医科大学総合医療センター(埼玉県川越市)消化管・一般外科教授の持木彫人さん(57)

 埼玉県川越市にある埼玉医科大学総合医療センターは、36の診療科と1053床のベッドを持つ県下屈指の大規模病院。ここの消化管・一般外科教授を務める持木彫人医師は、腹腔鏡を用いた胃がんの手術において高い実績を持つ消化器外科医。

 いまから20年前。母校群馬大学で臨床にあたっていた持木医師は、当時消化器では胆のう摘出と大腸がんで導入が始まったばかりの腹腔鏡手術、胃がん手術への応用に着眼した。動物実験からスタートし、有効性と安全性を確認して臨床導入に漕ぎつけた。

 国内でもきわめて早い段階で胃がんの腹腔鏡手術を始めた持木医師は、その技術を伝承すべく、5年前に現在の大学に移籍。地域における胃がん治療の成績向上はもちろん、若手外科医の教育にも力を入れている。

 基本的には胃がんの腹腔鏡手術は早期がんが対象だ。しかし、持木医師は、「術前の化学療法でがんが小さくなれば腹腔鏡で対応できることもあるし、必ずしも胃をすべて摘出しなくても再発を防げるレベルまで切除できることもある」と、積極的な姿勢で臨む。