記事詳細

ラブホテルがシニア客取り込みに活路、荷物運びサービスも

 いまラブホテル業界に大きな変化が起きている。利用客の半数以上をシニア層が占めるホテルが増え、いつまでもセックスしたいというニーズに応えるサービスが続々登場しているのだ。

 ラブホといえば、従業員と顔を合わせずに済んだり、記帳の必要がなかったりという「匿名性」が特徴だが、あえてスタッフが積極的にサービスを働きかける店舗もある。東京・鶯谷の「ホテルAPIO鶯谷」だ。

 「当店は宿場町の旅館をルーツにしており、その名残もあって積極的にお客様にお声がけしています。荷物を部屋までお持ちしたり、階段の上り下りをサポートすることも多いです。エアコンやカラオケの操作などでも分からないことがあればお部屋まで伺います」

 荷物運びサービスは、シニア男性客の心をつかむための取り組みだという。

 「年金支給がある偶数月の10~20日は『アクティブデー』として、65歳以上の方には延長15分サービスまたはオロナミンC無料サービスのどちらかを行なっています。いつも来てくださる方への感謝の気持ちを表わしたい」(支配人)

 常連客の中には、同行する女性との馴れそめをスタッフに話してくる人もいるという。ラブホテルの運営管理業務に携わり、業界の内情に詳しいTRUSTAR代表取締役の嶋野宏見氏がいう。

 「様々なサービスが登場する背景には、若者のラブホ利用が減ったことで、相対的にシニア世代の取り込みが急務となっていることが大きい。シニアは“肌と肌のふれあいによる心の充足”も重視する。“男女の時間を大切にできるサービス”が求められているのではないでしょうか」

 ※週刊ポスト2018年3月9日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース