記事詳細

【江口まゆみ 酔っぱライターのお酒見聞録】頂点極めたブレンダ―田中城太さん 世界最高峰のブレンディング (2/2ページ)

 「今になって後悔していますよ」と田中さんは言うが、価格もスペックも当時のまま。飲むとその旨さに驚き、「この2倍の価格でも良いのでは」と思うはずだ。雑味なくスッキリとした味わいに、花や果実の香りが心地よい。

 このスムーズな飲み口はキリンディスティラリーの真骨頂で、「クリーン&エステリー」と言われている。それはこの蒸溜所の成り立ちに由来する。73年の創業当時、ここは日本のキリンビールとアメリカのJEシーグラム、そしてイギリスのシーバス・ブラザーズの合弁会社、キリン・シーグラムの蒸溜所だったのである。

 ■江口まゆみ 酔っぱライター。世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本でも日本酒、焼酎、ビール、ワイン、ウイスキーのつくり手を訪ねる旅を続ける。近著は『ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び』(平凡社刊)。