記事詳細

JR北海道のローカル線に「1日1往復」謎ダイヤ 9時過ぎ出発10時台戻り…日帰り不可能 (1/2ページ)

★(2)JR北海道・札沼線

 なんにも用事がないけれど汽車に乗りたい、と思い立ったところで、その汽車自体が走っていなければ乗りようがない。ところが、肝心の旅客列車が1日1往復しかなく、乗ることが極めて難しいローカル線が北海道にある。(小牟田哲彦)

 札幌駅に発着する学園都市線は、正式名称を札沼線という。札幌から約100キロ北方に位置する留萌本線・石狩沼田駅までを結ぶ路線だったことが路線名の由来(正式には札幌の隣の桑園が起点)だが、石狩沼田側の約35キロは昭和47(1972)年に廃止。その後、札幌近郊圏の拡大に合わせて札幌側の約30キロは平成24(2012)年に電化され、ICカード乗車券(Kitaka。SuicaやICOCAも使用可能)も利用できるようになった。

 一方、そこから北の約50キロは非電化・ICカード乗車券通用外区間のままで、札幌から非電化区間への直通列車もない。同じ路線なのに、まったく別の路線のようだ。

 特に、末端の浦臼~新十津川間13・8キロは、1両編成のディーゼルカーが午前中に1往復するだけ。しかも、浦臼を9時過ぎに出て新十津川で折り返し、10時台に浦臼へ戻ってくるので、朝の通勤・通学には使えない。終点の新十津川側から列車で日帰り往復することもできない。主な利用客をどう想定しているのか、理解し難いダイヤなのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう