記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】βカロテンやビタミンCで免疫力アップ!「スナップえんどうの塩こんぶナムル」

 「GI値」という言葉を知っていますか? GIとは「グリセミック・インデックス」の略で、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す指標のことです。つまり、日頃からGI値が低い食品(低GI食品)を意識することで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

 今回のレシピの主役は、そんな低GI食品のひとつにあげられるスナップえんどう。サヤと豆の両方を食べることができるアメリカ生まれの野菜で、別名「スナックえんどう」と呼ばれる通り、シャキシャキとした食感と甘みの強さが特徴です。

 栄養素も優秀で、特にβカロテンやビタミンCは動脈硬化の予防や免疫力向上に効果的。血液凝固を抑制し、骨粗鬆(こつそしょう)症予防を期待できるビタミンKも含まれています。

 なかなか調理方法に悩む野菜かもしれませんが、店頭で見かけたら試しに購入してナムルで食してみてください。

 【材料】
 スナップえんどう 20本
 [A]
 塩こんぶ 5グラム
 ごま油 小さじ2
 しょうゆ 小さじ1/2
 すりおろしにんにく 1片分
 白ごま 小さじ1/2

 【作り方】
 1 スナップえんどうはヘタとスジをとり深皿に入れ、軽く水をかけラップをしてレンジ600W1分30秒。
 2 1と[A]を和える。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報を受け取ろう