記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】小田急沿線・神奈川の新店3軒 優良店が増えているのを実感 (1/2ページ)

 まずは注目の1軒。2018年5月1日、人気店「渦」の跡地に「渦」店主のお母さんがオープンした「麺バル HACHIKIN」(藤沢市本鵠沼)。

 味は「渦」の実弟でミシュランの星を獲った「Japanese Soba Noodles 蔦」(巣鴨)店主がプロデュース。「蔦別邸」と言われるほどの力の入れよう。店名の「はちきん」は高知の方言で「男勝りの女性」のこと。お母様が高知の出身でその店名に。

 醤油Sobaは丸大豆醤油をメーンに淡口醤油と白醤油をブレンドし、大量の蛤や牛肉などのダシを合わせた醤油ダレ。麺は蔦製中細麺。トッピングは、みやじ豚のロースとモモチャーシュー、細切りメンマ、九条葱。

 スープは高知県地鶏「はちきん地鶏」と神奈川県藤沢のブランド豚「みやじ豚」から取った動物系スープに白身魚をフュメドポワソンの技法を用いて煮込んだ鮮魚スープと節系や昆布の魚介系スープを加えたトリプルスープ。

 とてもおいしく、神奈川版ミシュランがまた発売されたら星を獲ってもおかしくない。

 2軒目は「53’sNoodle」(藤沢市湘南台)。18年6月13日オープンだが、すでに行列ができる人気店になっていた。

 醤油そば・塩そばが神奈川淡麗系、斬新な煮干水つけ麺や、味噌、ベジまぜそばも最近始まった。醤油そばは醤油が効いた鶏清湯スープ。まさに今風の淡麗醤油味でうまい。

 塩の方は変形の丼で登場したがこちらも秀逸。つけ麺も食べてみたが新機軸で麺の方に煮干水を入れたもの。近ければ、日を替えて味噌やまぜそばも食べたいと思った。

関連ニュース