記事詳細

【連休明けが危険!心臓突然死】健康診断の心電図で異常… 働き盛りの男性に注意「ブルガダ症候群」 (1/2ページ)

★(4)

 健康診断の心電図で異常が見られる場合もある。そのひとつが「ブルガダ症候群」。働き盛りの男性に多く、心室細動によって心臓が血液を送り出せなくなり、突然死に結びつく。夜間の就寝中の心臓突然死を起こしやすいことでも知られる。

 「ブルガダ症候群は遺伝的な要因がある一方、抗不整脈薬の服用によって生じることがあります。入院による精密検査によって診断を行い、適切な治療で心臓突然死を防ぐことが可能です」

 こう説明するのは、東邦大学医療センター大森病院循環器センター長の池田隆徳教授。心臓突然死に関わる心疾患について、数多くの診断・治療・研究を行う。

 ブルガダ症候群に対しては、植込み型除細動器(ICD)による突然死の予防が中心となるが、異常をきたした心電図を正常に戻すカテーテル心筋焼灼術も実施されるようになっている。カテーテル心筋焼灼術は、異常電位の原因となる心筋を焼灼することで、正常に戻す治療法である。

 「心臓突然死は、原因に対する適切な治療が重要です。また、心臓突然死では、健診の心電図で明らかになりやすい『QT延長症候群』にも、注意が必要です」

 QT延長症候群は、心電図のQの位置とTの位置が延長した波形で現れ、トルサー・ド・ポワン(フランス語)という特殊な心室頻拍によって心臓突然死に結びつく。先天性の原因もあるが、抗不整脈や抗菌薬、向精神薬などの薬剤の服用で後天性にも生じやすい。

関連ニュース