記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】福島県いわき市・白鳥山温泉「喜楽苑」の2種類の湯と地産地消グルメ

 福島県いわき市白鳥山温泉「喜楽苑」は、東京から電車でもクルマでも2時間半でたどり着ける、いわき市奥座敷の一軒宿。「日本秘湯を守る会」加盟の宿だけに風呂にはさまざまなこだわりがある。内湯2、洞穴露天風呂(混浴)1、貸切露天風呂1、鉱泉風呂2のほか、女性専用の露天風呂が1つある。

 源泉名は常磐湯元温泉・湯元温泉源泉。泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉。PHは8.08の弱アルカリ性だからツルリと優しい肌ざわり。源泉温度は59度。泉源から13.5キロも離れているので36度まで下がってしまうため加温循環はしているが、加水、消毒はせずかけ流して使用している。泉質別適応症は動脈硬化症、糖尿病、慢性皮膚病など。昔から薬湯として地元の人々に愛されている鉱泉には、分析表がないので判断が難しいが、ズシリと重い浸かりごこちで、いつまでも湯冷めしないから、万病に効き目がありそうだ。

 料理はメヒカリや山菜の天ぷらほか、ローストビーフ、刺し身、小鍋立てのアンコウなど正直な地産地消グルメだ。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■白鳥山温泉「喜楽苑」 福島県いわき市常磐白鳥町勝丘。0246・43・2227。平日2人1室1泊2食1万1712円~。詳細はWEBで。

関連ニュース