記事詳細

【ここまで進んだ最新治療】「在宅自己注射」も可能になったアトピー性皮膚炎の新薬 ピンポイントで抑制 (1/2ページ)

 昨年4月、10年ぶりとなるアトピー性皮膚炎(AD)の新薬「デュピルマブ」が登場した。注射薬なので2週間おきに通院して受ける必要があったが、今年5月から「在宅自己注射」も使えるようになった。どんな薬なのか。東京逓信病院・皮膚科の三井浩部長が説明する。

 「ADの治療薬では初の『抗体医薬』になります。抗体医薬は病気の原因物質を抑える『抗体』を、バイオ技術を用いて人工的に作り出した薬です。また、この抗体は化学合成したものではなく、生物が産生するタンパク質などを利用しているので『生物学的製剤』とも呼びます」

 かゆみを伴う湿疹を繰り返すADの治療は、薬物療法、スキンケア(保湿剤)、アレルギー物質(アレルゲン)の除去が基本になる。薬物療法は炎症を抑える「ステロイド」や「タクロリムス」の塗り薬を使うのが標準治療。それでも効果が十分でない難治性には、免疫抑制剤の「シクロスポリン」の内服薬が併用されてきた。

 国内のAD患者は年々増加していて推定50万人、そのうち難治性の患者は2万人くらいいるとされる。新薬のデュピルマブの対象は15歳以上で症状が重く、標準治療を6カ月以上行っても効果が不十分な場合に標準治療に併用できる。

 「シクロスポリンは体の免疫システムを広く抑制し、腎機能障害などの副作用の心配もあり、連続服用は3カ月間に限られます。デュピルマブは免疫システムのうちADに関わる部分だけをピンポイントで抑制します。ですから副作用には結膜炎や頭痛などがあげられていますが、重篤な症状は出にくいのです」

 新薬を注射する部位は、二の腕の外側やヘソ周りを除いた腹部など。1本300ミリグラムを初回は2本、2回目以降は1本を2週間ごとに注射する。

関連ニュース