記事詳細

【江口まゆみ 酔っぱライターのお酒見聞録】若者や女性人気の獲得で日本一の座に 宮崎県「霧島酒造」 (1/2ページ)

★宮崎県「霧島酒造」(下)

 霧島酒造は、現在日本ナンバーワンの本格焼酎メーカーだ。芋焼酎の霧島シリーズで有名だが、トップブランドとなったきっかけは、なんといっても「黒キリ」の愛称で知られる「黒霧島」のヒットだろう。

 宮崎県都城市を本拠地とする霧島酒造は、地元を中心に「霧島」という芋焼酎を販売していたが、鹿児島県の「さつま白波」が全国的な本格焼酎市場を牽引する中、その後塵(こうじん)を拝していた。こうした状況を打開しようと、新たな主力商品を模索するうち、「原点に立ち返り、100年前の創業時と同じ黒麹を使ったらどうか」という考えに至る。

 もともと九州の焼酎は、清酒と同じ黄麹でつくられていたが、温暖な気候では腐造することが多かった。ところが、琉球から伝わった黒麹を使ったところ、安全に発酵が進んだのだ。それは黒麹が発酵途中でクエン酸を出すため、雑菌の繁殖を抑えるからだった。その後、1920年代に黒麹と同じ性質を持つ白麹が発見されると、焼酎は扱いやすい白麹で作られるようになっていった。

 開発チームはさまざまな味を求め、九州全域から沖縄まで足を運び、黒麹を用いた焼酎の可能性を探し求めた。そして黒麹5~6種類、酵母2~3種類を掛け合わせ、ようやく「黒霧島」が誕生した。98年のことだった。

関連ニュース