記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】一般人からスポーツ選手まで…膝治療“最後の砦” 国際医療福祉大学医学部整形外科学・長島正樹さん (1/2ページ)

★国際医療福祉大学医学部整形外科学 准教授・長島正樹さん(43)

 東京タワーからほど近い東京都港区三田にある国際福祉医療大学三田病院。ここの整形外科副部長を務める長島正樹医師は、「膝の疾患」を専門にする整形外科医。

 「イチローや松井秀喜のようなトップアスリートを支える医師になりたくて医学部に進みました」と語る長島医師。夢がかなって整形外科に入局したが、実際に当時のスポーツ整形の現場に出てみると、想像していた世界とは様子が違った。

 「選手は、医者よりもトレーナーとの絆が強い。そして、時に医学的な見解よりも選手やチームの思いが尊重される。ならば、本当に選手が医療を必要としたときに役に立てる立場に徹しようと考えたんです」

 選手に帯同するスポーツドクターではなく、ケガをしたときの“最後の砦”として、裏方に徹する決意をする。

 靭帯(じんたい)再建や人工膝関節置換術などの症例を重ね、多くの競技選手やチームドクターからの信頼を築いていく。たとえば膝の「前十字靭帯」をケガすると、手術をしても、一般的には故障前の競技レベルに戻るのは難しいとされる。

 しかし、長島医師の患者の中には、手術によってケガをする前よりも成績がよくなったプロ野球選手もいる。

関連ニュース