記事詳細

【ぴいぷる】「ムーミンの国」より愛をこめて コミックエッセー『はじめてフィンランド』が話題、トナカイ フサコさん&ヨキネン・タルさんを直撃 (3/3ページ)

 外交樹立100周年の今年、2人は日本各地の北欧をテーマにしたイベントにゲストとして呼ばれている。「日本中の人にフィンランドの魅力を語り伝えていきたい」と2人は意欲をみせる。

 「今後はフィンランドを中心に北欧各地の魅力を伝える活動もしていければ」と矢吹さん。流暢な日本語など5カ国語を操るタルさんは、「“困った人を放っておけない優しさ”など、フィンランド人と日本人は義理や人情など精神面も共通点が多いんですよ。もっとフィンランドの良さを知ってほしい」と目を輝かせた。(ペン・波多野康雅 カメラ・須谷友郁)

 ■トナカイ フサコ(本名・矢吹芳子) 1988年11月29日生まれ、30歳。神戸市出身。2016年、大手広告代理店を退社し翌年、初のフィンランド旅行へ。帰国後、旅行記のエッセー漫画をネットで発表。6月、コミックエッセー「はじめてフィンランド~白夜と極夜ひとり旅~」を発刊。

 ■ヨキネン・タル(本名・清水タル) 1991年10月26日生まれ、27歳。フィンランド出身。2008年、留学のため初来日。日本の大学卒業後、日本企業で勤務。日本人と結婚し清水姓となる。「はじめて~」で監修を務めた。フィンランドをテーマに講演活動などを行っている。

関連ニュース