記事詳細

【ベストセラー健康法】落語家・柳家三壽「がん生活」11年間の軌跡 標準治療受けずに「がんと生きる5カ条」実践 (2/2ページ)

 マクロビは、穀物と野菜を基本とする食事法。各食材には、陰陽の性質があると考え、肉、魚、貝などの動物性食品や、牛乳や卵などの乳製品、カレー、コーヒーなどの刺激物は控えつつ、バランスのとれた中庸な状態を目指す。

 三壽さんは専門家の指導を受け、マクロビの原理や実践の仕方を学び、土鍋で玄米を炊く生活をスタート。同時に「がんと生きる5カ条」を自分に課すことを決めた。

 玄米や野菜は無農薬の有機栽培のものを使用。毎日の食事は、土鍋で炊いた玄米と、大根、ニンジン、小松菜、春菊などを使ったみそ汁、梅干しと三年番茶(天日に干し3年間熟成させてカフェインを飛ばした番茶)が基本。これに海藻の酢の物やかぼちゃの煮物などが加わることもある。

 マクロビと「5カ条」を実践するうちに以前悩まされていた頭痛やめまい、疲労感などの症状も消え、免疫力がアップしていることを実感。経過観察のために定期的に訪れている病院では、数値の改善に驚いた医師らが三壽さんの本名を冠して「鈴木システム」と呼んでいるほどだという。

 「どのように不安と折り合いをつけたのか、何が心の支えになったのか、医師とどう付き合えばよいのかなど、がんと共存していくうえでの心構えも参考になる1冊です」(編集を担当した祥伝社の名波十夢さん)

 かなりストイックな生活を送る三壽さんだが、誘惑に負けてお菓子を食べてしまったことも。失敗談さえも落語家ならではのユーモラスな語り口で明かしており、読み物としても楽しめる。(井田峰穂)

 ■がんとともに生きる5カ条
 (1)玄米は100~200回噛むこと
 (2)常に身体を温めること
 (3)何事も前向きに、目標を持って生きること
 (4)笑って生きる。楽しいことをすること
 (5)ストレスを排除すること

関連ニュース