記事詳細

【外食・コンビニ健康法】手軽に摂取!低カロリー高タンパク質 「海鮮スティックプレーン」 (1/2ページ)

 コンビニが便利だと思うのは「何でもある」ことですが、「もう1品おかずが欲しいときにすぐに見つけられる」「調味食材がそろう」こともうれしい点です。調理済みのコンビニ食材は、そのままもう1品のおかずにもなりますし、味付けを特にしなくても野菜などと炒めると、おいしく仕上げることができます。

 例えばサラダチキンは、ランチにそのまま食べるのもいいのですが、塩味が付いていますから、自宅で食べるなら野菜と炒めるだけでおいしい料理になります。「かに風味かまぼこ」や「ちくわ」なども、それだけでおかずになりますし、野菜とあわせることでもう1品作れるので、とても便利です。

 便利おかずのひとつ「かに風味かまぼこ」が最近人気です。その理由として、「タンパク質が豊富」という新たなキーワードが出てきたことです。

 日本水産(ニッスイ)では、カニ風味かまぼこやちくわの原材料として使われるスケトウダラについて筋肉の増加が示唆されたという発表をしています。この試験は、65歳以上の女性19人を対象とした実験で、スケトウダラのミンチ入りのスープ(タンパク質量4・5グラム)を3カ月食べ続けた結果、19人中15人の筋肉量の増加が確認されました。

 この実験で使われた4・5グラムのタンパク質を摂取するためには、ちくわに換算すると小さめのもの1本(約33グラム)、タラであれば、1切れの半分(約30グラム)ぐらいとなります。

関連ニュース