記事詳細

【健康誌イチオシ特報】毎朝の「甘酒ヨーグルト」で冷え、便秘改善! こうじ菌の発酵パワーがさまざまな健康効果を (1/2ページ)

 11月2日発売の『健康』12月号では「甘酒ヨーグルト」を大特集。

 日本で古くから重宝されてきた甘酒。こうじ菌の発酵パワーがさまざまな健康効果をもたらしてくれます。この甘酒の効果をパワーアップさせたのが、甘酒同様に強力な発酵パワーをもつヨーグルトを合わせた「甘酒ヨーグルト」です。

 甘酒ヨーグルトは、健康に必要なタンパク質やブドウ糖、食物繊維、ビタミンなどの栄養素が豊富なので、朝イチに食べるのがおすすめです。毎朝とると、高血圧や肥満、食後高血糖の予防の他、冷えの解消、整腸作用による便秘改善、活性酸素の消去、美肌、美髪、快眠などさまざまな健康効果をもたらします。

 作り方は、市販の米こうじ甘酒とヨーグルトを1対1でブレンドするだけ。甘酒の甘みとヨーグルトの酸味が好相性で、まろやかな味わいが楽しめます。甘酒の甘さやヨーグルトの酸っぱさが苦手という人も続けやすくなるので、おすすめです。

 甘酒には、アルコール分がなく、こうじ菌の発酵パワーが得られる米こうじ甘酒を選ぶようにしましょう。こうじに含まれる酵素のアミラーゼは、米のでんぷんを分解してオリゴ糖やブドウ糖を生み出しています。ブドウ糖は、脳をはじめとした全身のエネルギー源になります。

 さらに、酵素が栄養素を分解して消化吸収を促し、代謝を促進して肥満予防や美容効果をもたらすビタミンB群を生成しています。甘酒ヨーグルトはブドウ糖が豊富な上に、ブドウ糖の代謝に必要なビタミンB1、B2も同時にとれて1日の活力源になります。

 牛乳に乳酸菌や酵母を加えて発酵させて作るヨーグルトには、豊富なタンパク質やカルシウムが含まれ、健康な体づくりに欠かせません。朝イチで甘酒ヨーグルトをとれば、タンパク質、ブドウ糖、ビタミンなど必須栄養素を手軽に摂取できます。

関連ニュース