記事詳細

【食と健康 ホントの話】飲みすぎ、食べ過ぎで後悔している人も多いはず…二日酔いや胃腸衰弱時に摂るべきもの (1/2ページ)

 年末年始に飲みすぎ、食べ過ぎてしまって後悔している人も多いはず。お腹周りについてしまった脂肪はこれから徐々に落としていくとして、取り急ぎ今の体調不良をなんとかしたい、というときに試してほしいのが次の方法だ。

 【二日酔いのつらさをなんとかしたい】

 最悪の場合は救急車を呼ぶ必要があるが、まずしてほしいのが水分補給だ。アルコールを摂取すると、アルコールの利尿作用と、アルコールを代謝するときに水分が使われるために、脱水になりやすいため。

 ただし、脱水症状が起こると、口から水を飲めなくなることがある。どうしても飲めなければ医療機関に行くべきだが、経口補水液やスポーツドリンクなどの吸収のよいものを、可能であれば少しずつ飲むようにしてほしい。

 水分が摂れて少し落ち着いたら、飲みすぎ、脱水によって失われたビタミンB1やカリウムなどのミネラルを補給しよう。ビタミンB1は、ブドウ糖をエネルギーに変換するときに不可欠なもの。そのため飲みすぎると、だるさなどの不調が現れる。カリウム不足はむくみや高血圧を引き起こす。

 飲みすぎによって失われがちなこれらの栄養素は、コンビニ等で販売されている好みの栄養ドリンクを飲んで補給するのもいいだろう。おすすめなのは、当連載で以前紹介した「飲む点滴」と呼ばれる麹甘酒だ。

関連ニュース