記事詳細

【マンガ探偵局がゆく】零戦のエンジンを積んだ改造バイク!? 若者のカリスマだった宮谷一彦の「スーパーバイキング」 (1/2ページ)

 厚労省の調査では、余暇・社会参加活動を続けている中高年は心の状態が安定しているとか。今回はそんな方からの調査依頼だ。

 「学生時代に夢中だったバイクに、近頃またはまっています。同世代の仲間と休日ツーリングを楽しむ程度ですが、それがいい刺激になるのか、仕事も順調です。先日、愛車の整備中に、学生時代に読んだマンガのことを思い出しました。零戦のエンジンを積んだ改造バイクが登場するマンガで、描いていたのはよく知らない方でした。探偵局で調べてもらえますか?」(57歳・営業職)

 2018年3月に自動車工業会が発表した「二輪車市場動向調査」では、二輪車の新規免許取得者は2000年度に原付が39万8000人、普通・大型が36万4000人だったものが、16年度にはそれぞれ11万7000人、24万1000人に減少。購入者の世代構成では、07年度に40代以上が61%だったのに対して17年度は83%。若者のバイク離れの一方で、依頼人のように中高年になってバイクに回帰する人が増えているのだろう。

 さて、依頼の件はかなり難航した。ようやくたどり着いたのが、1982年12月から青年誌「ヤングジャンプ」に短期集中連載された宮谷一彦の「スーパーバイキング」だ。

 街の顔役をバックにつけ警察も手を出せない巨大な暴走族集団と、サイドカー付きのハーレーで彼らを狙う「悪霊ライダー」の抗争に、改造バイク・マニアの若者が絡む三つ巴のバイク・アクション作品である。

関連ニュース