記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】栃木・塩原温泉「赤沢温泉旅館」の台湾創作会席料理

 2015年に開業した塩原温泉「赤沢温泉旅館」は、カモシカやサルが庭先を駆け巡る山里の一軒宿。露天風呂の見晴らしは抜群で、その気になれば丸見え!(女湯や貸切露天は大丈夫)だが、野湯に浸かっているかのような解放感がたまらない。

 赤沢源泉の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉。PH6.7の中性で泉温は45度。加水加温循環濾過(ろか)消毒とは無縁(冬場は若干の加温あり)の源泉かけ流し。無色澄明無味だがほのかな硫化水素臭が温泉らしさを醸している、老若男女を問わずに楽しめる長湯向きの優しい温泉だ。

 大手製紙会社で海外の植林を担当し米国、豪州、アジア、アフリカを巡った林学博士のご主人と、中国広西出身の女将(おかみ)はインバウンドや観光事業にも積極的で、さまざまなアイデアを具現化している。

 夕食は地元栃木の食材中心だが、調理担当の李さんが作る台湾家庭料理が花を添える創作会席が好評。館内では中国から連れてきた愛猫や愛犬たちがくつろいでいて、ペットと泊まれる部屋の用意もあり、動物好きにも喜ばれている。

 (一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■塩原温泉「赤沢温泉旅館」 栃木県那須塩原市塩原1149。0287・46・5700。平日2名1室1泊2食1万2680円(ペットは1080円~)~。詳細はWEBで。

関連ニュース