記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】栃木県那須塩原市・塩原元湯温泉「大出館」と塩原名物「釜彦」のスープ入焼きそば

 塩原元湯温泉「大出館」は露天風呂と内湯など、8つも湯船を持つ「日本秘湯を守る会」の宿。すべての浴槽が正真正銘の源泉かけ流し。浴室のコンクリートもタイルもカランも、強い温泉の成分でボロボロ!これが温泉ファンにはたまらない魅力なのである。

 2つの源泉を持っているが、この宿だけの「墨の湯」の源泉は、五色の湯NO.3源泉。鉄分が多いので墨を流したように黒い。泉質は含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉。白濁する御所の湯源泉との黒白入り比べが楽しめる。

 11時の開店から15時の閉店まで、ずっと行列になる店「釜彦」(0287・32・2560)のスープ入焼きそばは、140グラムとボリュームたっぷりのラーメンの麺を固茹でしてから、ラード入りの油で炒めて香ばしくコーティング、キャベツ・国産の鶏肉・ナルトを加え、醤油とウスターソースをベースにしたスープと合わせて盛り付ける。ラーメンだけどソース焼きそばで、やっぱりラーメン? 予想を裏切る不思議なご当地B級グルメは、忘れられなくなる塩原温泉の味だ。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■塩原元湯温泉「大出館」 栃木県那須塩原市湯本塩原102。0287・32・2438。平日2人1室1泊2食1万50円~。詳細はWEBで。

関連ニュース