記事詳細

【ぴいぷる】疲労と疲労感の違い知ってる? 世界初「疲労因子」を解明! 医師・近藤一博 (1/3ページ)

 ■コミックエッセー「疲労ちゃんとストレスさん」刊行

 「働き過ぎて過労死する…。日本人は世界的に見ても過労やストレスに弱い国民。“KAROSHI”という言葉が英語になるぐらいですから」

 世界で初めて、疲労の原因となる「疲労因子」を解明、発表した。疲労やストレスのメカニズムを、より多くの人に理解してほしいという思いから、このほどコミックエッセー「疲労ちゃんとストレスさん」(河出書房新社)を刊行した。

 専門はウイルス学で、現在の肩書は東京慈恵会医科大学(慈恵医大)教授。疲労学研究の第一人者で「日本疲労学会」の理事も務めている。

 ■栄養ドリンク 本当の疲れは取れない

 「疲労と疲労感の違いは分かりますか? 実はこの違いを本当に理解している人は少ない。疲労の研究者自体が少ないですからね。過労死がこれほど社会問題になっているというのに」と嘆く。

 一方で、日本人の疲労への関心は高く、栄養ドリンクやビタミン剤などの市場は年々、拡大している。

 この現状に対し、「栄養ドリンクなどを摂取して疲労感を減らすことができても、本当の体の疲れは取り除けないことが研究で判明しているのです」と指摘する。

 例えばドリンク剤に入っているタウリン。

 「肝臓の機能をタウリンが回復させ、疲れが取れたように感じさせる効果はあるのですが、実際には心臓などの臓器の機能は回復していません。疲労感を減少させ、そのまま働き続けていると、いつかは倒れてしまいますよ」

 疲労感と疲労の違いが分からなければ、命に危険が及びかねないのだ。

関連ニュース