記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】硫化水素臭のある「白濁の湯」…これぞ温泉! 栃木県・奥塩原元湯温泉「元泉館」と「温泉おかゆ」

 栃木県奥塩原元湯温泉 秘湯の宿「元泉館」は明治17(1884)年創業の老舗旅館。塩原温泉郷の中でも秘境に位置し、3本の源泉を持つ。今回紹介する高尾の湯源泉は、泉温49.1度、PH6.6の中性で、泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉。硫化水素臭のある白濁の湯はこれぞ温泉という風情を醸す。加水加温循環濾過(ろか)消毒などは一切ない正真正銘の源泉かけ流し。

 うれしいことに先ごろペットと泊まれる客室「ポチたまルーム」を新設、室内にはケージやキャットタワーが用意されており、犬と猫同時の利用もできる。施設内にはペットホテル「ポチとたまの隠れ家」もあり、犬・猫・うさぎ・リス・インコ・ふくろうなどの中・小型鳥類も預かるというから、近隣の温泉宿への遠征にも便利だ。

 夕食は13品に及ぶ会席膳のほか、さまざまなプランがあるが、猪鍋、鴨鍋、キノコ鍋、那須三元豚のみぞれ鍋、頼朝巻狩鍋、イワナの骨酒などの人気が高いという。朝食は前夜の豪華な食事で頑張ってくれた胃腸に優しい「温泉おかゆ」がおすすめだ。(一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■塩原元湯温泉 秘湯の宿「元泉館」 栃木県那須塩原市湯本塩原101。0287・32・3155。平日2人1室1泊2食1万2500円~。詳細はWEBで。

関連ニュース