記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】口の中に風が通った! 「サーモンマリネ青紫蘇のせ」 (1/2ページ)

 皆さん、お暑うございます。

 この暑い中「食欲を出せといわれても」みたいなことですよね。

 というわけで、今回は「サーモンのオニオンマリネ」にしてみました。

 冷たくしたマリネは夏にはもってこいの一品。

 口の中でヒンヤリするので、のぼせた気分もクールダウン。

 サーモンを一枚お皿に乗せて、お醤油とオリーブオイル味のオニオンスライスを抱き込むように巻き込んで一口で食べたら「うーん、おいしッ」となります。

 ムワーッとした夏の暑さの中、フワフワ~っと風が通ったような心持ち。

 クーッこんな時にビールなんか飲もうもんなら、きっと泣けてきますね。

 今回は欲をかいて更に紫蘇の葉の千切りを乗せてみました。

 そしたら、これがよくなかったみたい。

 なぜでしょう?

 レモンをかけた上に紫蘇の葉というのは相性が悪いのでしょうか。

 いやいやそんなことあるはずがないです。だって、紫蘇の葉ジュースを飲む時にレモンを数滴加えますもの。こんな事ならレモンを絞っただけにすれよかった。

 皆さんがもし召し上がる事があったら、レモンか紫蘇の葉かのいずれかになさった方が良いかもしれません。

 それにしても、おかしいですよね、

 例えば、イタリアンとかフレンチの前菜としてサーモンに紫蘇の葉を挟んで、クルクルッと巻いたものが大きな白いお皿の中央に置かれて出て来ようもんなら美味しがっていたはずなのに、なぜ私の作ったマリネはおいしくなかったんだろ? 不思議。

関連ニュース