記事詳細

【モテる体をつくる】外出自粛太り解消編〔2〕 少しずつ運動量を増やし「免疫力」アップ! 「ドロップ スクワット」 (1/2ページ)

 今回はコロナ禍で改めて注目されている「免疫力」について、運動とどのように関連するのかを説明します。

 運動やトレーニングは、果たして「免疫力」を高めることができるのか? 答えはイエスであり、人によってはノーとも言えます。当欄の記事を読んで、定期的に運動に取り組んでいる人は、もちろんイエスです。しかし、ここ数年まったく何もしていなくて、急に運動やトレーニングを始めた人は、免疫力が上がるどころか逆に落ちてしまいます。

 運動やトレーニングをすると筋肉が刺激されます。また、交感神経への刺激や緊張、発汗、疲労などが生じるので、元の状態に戻すための回復に十分なエネルギーが優先的に消費されます。そのため、免疫細胞に十分なエネルギーが行き届かなくなるのです。

 では、運動不足の人はどうすればよいでしょうか。やはり少しずつ運動量を増やして、刺激を高めていくしかありません。いまの時期であれば熱中症に気をつけながら、軽めのウオーキングやジョギング、ラジオ体操などがおすすめです。あとは、少し熱めの湯船につかるとか、マッサージなど体に軽度な刺激を与えることもいいでしょう。

 それと、免疫力アップには食事も大切です。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることがとても有効的です。発酵食品やオリゴ糖、食物繊維、タンパク質やビタミン類を積極的に摂取してください。

関連ニュース