記事詳細

【ここまで進んだ最新治療】ADHDの25~50%に睡眠障害 発達障害を持った6~15歳に使える、子供用睡眠改善薬「メラトベル」の効果 (1/2ページ)

 子供も大人と同様に4~5人に1人は、何らかの睡眠の問題を抱えているといわれる。特に「自閉スペクトラム症(ASD)」や「注意欠如・多動症(ADHD)」などの発達障害(神経発達症)の子供は睡眠障害を合併することが多いが、これまで承認された睡眠改善薬がなかった。

 それが今年6月に、発達障害の子供に対して保険適用で使える国内初の睡眠改善薬(商品名・メラトベル)が発売された。発達障害と睡眠障害にどんな関係があるのか。獨協医科大学埼玉医療センター・子どものこころ診療センターの作田亮一教授が説明する。

 「ASDの40~80%、ADHDの25~50%に睡眠障害がみられるといわれます。寝付きが悪い、夜中に目を覚ましてしまうなど慢性的な睡眠不足があると、日中の多動やちょっとしたことで興奮しやすい、イライラなど感情コントロールができない発達障害の症状が強く出て、それがまた睡眠の問題を悪化させるといった悪循環が起こりやすいのです」

 人が夜になると眠くなるのは、脳の松果体から睡眠ホルモンの「メラトニン」が分泌されるから。そして朝起きて日光を浴びると、メラトニンの分泌が止まり、体内時計がリセットされる。これがスイッチとなり、15~16時間後に再びメラトニンが分泌されるというリズムを繰り返している。発達障害があるとメラトニンの分泌が鈍く、体内時計のリズムも乱れやすいという。

関連ニュース