記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】腹腔鏡下肝胆膵手術の名手! 東京女子医科大学病院・消化器病センター准教授、本田五郎さん (2/2ページ)

 手術手技だけでなく、チーム医療や病床管理など、医療経営の面でも豊富な知識と経験を持つ本田医師。

 「大きな舞台をいただいた。たくさんの優秀な外科医を育て、一人でも多くの患者さんを救える強い組織を作っていきたい」と抱負を語る。

 その両肩にかかる期待は、ズシリと重い。(長田昭二)

 ■本田五郎(ほんだ・ごろう) 1967年、熊本県生まれ。92年、熊本大学医学部卒業。京都大学医学部附属病院、市立宇和島病院、済生会熊本病院、社会保険小倉記念病院、都立駒込病院勤務を経て、2018年から新東京病院消化器外科主任部長。20年10月から現職。日本外科学会、日本消化器外科学会専門医・指導医。日本内視鏡外科学会評議員・技術認定医・技術認定審査委員、日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能指導医他。趣味はサッカーとジョギング。

関連ニュース