記事詳細

【マンガ探偵局がゆく】もうひとつの「まんが道」 アシスタント第1号によるリメイク作『ハムサラダくん』 (2/2ページ)

 『ハムサラダくん』は、ハムサラダというペンネームで合作をする二人組のマンガ家が主人公。ハムが藤子・F・不二雄、サラダが藤子不二雄(A)にあたる。

 もともと『まんが道』の「あすなろ編」を小学生向けに描き直した短期連載作品としてスタートしたが、評判が良かったために吉田のオリジナルストーリーで継続することに。アメリカ帰りの天才マンガ少年など『まんが道』にはないキャラクターも登場。さらに、サラダが少女マンガ家を目指す春丘ゆり子に淡い恋心を抱くというエピソードも…。

 『まんが道』より先に連載当時の『ハムサラダくん』を読んだ、依頼人のような小学生も多かったという。

 紙の単行本は現在品切れ中だが、アマゾンの電子書籍Kindle版で読むことができる。

 ■中野晴行(なかの・はるゆき) 1954年生まれ。フリーライター。京都精華大学マンガ学部客員教授。和歌山大卒業後、銀行勤務を経て編集プロダクションを設立。1993年に『手塚治虫と路地裏のマンガたち』(筑摩書房)で単行本デビュー。『謎のマンガ家・酒井七馬伝』(同)で日本漫画家協会特別賞を受賞。著書多数。

関連ニュース