記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】阿寒湖温泉「温泉民宿山口」は客思い

 マリモと民芸と踊りの里アイヌコタンで有名な釧路市の阿寒湖は、道東を代表する観光地。湖畔にある阿寒湖温泉の温泉街の一番東側に位置する「温泉民宿山口」は、阿寒湖温泉の中でも、マニア垂涎(すいぜん)の泉質を誇る阿寒湖温泉正次6号源泉。

 泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉。茶褐色の湯は加水加温循環濾過(ろか)消毒とは無縁の源泉かけ流し。泉温は56.2度だから熱湯で有名だが、適温に加水すればよいし、少し位薄めてもズシリと重く強い湯だから大丈夫。

 さまざまなサイトでの口コミ評価が非常に高いこの宿、とにかく客思いでコスパが良い。

 夕食は揚げたて天ぷら6品、ポテトサラダ、ホッケ焼き、きんぴら、煮物が大小2種に飯と汁が用意される。近くのコンビニで好みの酒類を買って持ち込んでよいというおおらかさで、氷もサービス。朝食の紅ジャケも高級旅館と遜色のない上物のほか、計14品の豪華版ですべて手作り。元バスガイドの女将が歌う「まりもの歌」は情緒満点。フロントではドリップコーヒーがいつでもサービスだ。

(一社)プレスマンユニオン理事/カリスマ温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■阿寒湖温泉「温泉民宿山口」 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉5の3の2。0154・67・2555。平日2人1室1泊2食7150円から。詳細はwebで。

関連ニュース