記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】歯みがきを楽しんで効果的なヘルスケア 高柳歯科医院歯科医師・高柳篤史さん (2/2ページ)

 実際にやってみると、水でゆすがなくても確かに違和感はない。しばらく清涼感が残って気分もいい。これだけのことで虫歯予防の効果がグンと上がるなら、やらない手はないだろう。

 「歯科技術も高度に進化していますが、高度な技術を必要としない人を増やすのも歯科医師の務めだと思っています」

 高柳歯科医師の草の根的な取り組みは、地域住民の口腔衛生に、確実に“いい効果”をもたらしているはずだ。 (長田昭二)

 ■高柳篤史さん(たかやなぎ・あつし) 1964年、埼玉県幸手市生まれ。89年、東京歯科大学を卒業し、作間歯科医院(川崎市)勤務。96年、東京歯科大学大学院歯学研究科修了。同大衛生学講座研究助手。98年から現職。東京歯科大学客員准教授、日本大学松戸歯学部兼任講師、日本口腔衛生学会評議員・広報委員、8020推進財団広報委員、スタディーグループ「はみがき学の会」主幹他。歯学博士。趣味は登山。

関連ニュース