記事詳細

【ラズウェル細木の家呑みレシピ】しょうゆ系のだしが相性抜群! 「カキフライ卵とじ」 (1/2ページ)

 いよいよカキのシーズンが始まりました。生ガキ、酢ガキ、焼きガキ、カキ鍋…どのような調理法でも美味しいですが、やはりカキフライははずせません。今回は、カキフライを使ったお手軽なおつまみです。

 カキフライは自作してもいいのですが、あまりにも手間がかかるので、スーパーや惣菜店から買ってきましょう。これをだし醤油でサッと煮て卵でとじる「カキフライ卵とじ」にいたします。実はこれ、買ってきたカキフライの再加熱の方法としてもかなりおすすめです。

 (1)小さめの鍋またはフライパンに水、お酒、本みりんを入れ火にかけて、お酒と本みりんのアルコールをとばす。(2)麺つゆとタマネギのスライスを投入し、ひとしきり煮る。(3)タマネギがしんなりしたらカキフライを入れる。(4)溶き卵を回しかけて、蓋をする。(5)卵に好みの加減に火が通ったら、三つ葉、または水菜、または青ネギなどを散らす。(6)器に盛って完成。

 今回は水菜を散らしました。お好みで、山椒、七味唐辛子などをふりかけていただきます。普段ソースかタルタルソースで食べることが多いと思いますが、醤油系の出汁を含んだカキフライも美味しいものですよ。

関連ニュース