記事詳細

歯周病菌が「アルツハイマー」の原因に 口腔ケアで予防を

 認知症の中で7割近くを占めているアルツハイマー病。歯周病がそのアルツハイマー病の大きな原因の1つになっているという研究結果が発表され、話題を呼んでいる。

 九州大学大学院歯学研究院の武洲(たけひろ)准教授の研究グループが、一連の研究により歯周病によってアルツハイマー病が誘発されるメカニズムを解明し、オランダとアメリカの科学誌に研究成果を発表したのだ。

 従来、アルツハイマー病患者の脳から歯周病菌の「ジンジバリス菌」が見つかったという研究論文はあるものの、詳しいメカニズムについては分かっていなかった。

 「中年のマウスに歯周病菌を3週間にわたって投与したところ、投与していないマウスと比べて認知機能(マウスの記憶力)が明らかに低下しました=グラフ・イラスト=。そのマウスの肝臓など、脳の外の臓器に脳内老人班物質のアミロイドβが作られることを確認しました。さらに、マウスの脳を調べると、脳内管細胞にアミロイドβを脳内に取り込む受容体RAGEの量が増え、アミロイドβを脳内に輸入させることが分かったのです」(武准教授)

 加えて、投与したマウスの脳内で「カテプシンB」と呼ばれる酵素が増大していることも確認。この酵素がアルツハイマー病の誘発に関与していることも突き止めた。

 「マウスの3週間は人間なら2年半に匹敵します。若いうちから口腔(こうこう)ケアをして歯周病を予防することが、アルツハイマー病予防につながる可能性があるのです」(武准教授)

関連ニュース