“三高”なくても大丈夫 「協力する姿勢」で家事力アピール (2/2ページ)

2015.07.24


家事に協力する姿勢が大事(写真はイメージ)【拡大】

 「40代前半の女性はまだ子供を諦めていない人が多いんです。だから育児や家事に協力してもらいたいと考えているのでしょう。それに40代で独りだと働いていて、それなりにキャリアを持っている女性も少なくありませんので共働きを想定して家事力を求める人もいます」

 加えて40代、50代ともなれば定年後の生活を見越している女性も少なくないという。なるほど、家事をやりたがらない男性と結婚すれば、家事の一切が老いた女性ひとりにのしかかることになる。そんな老後は想像しただけでぞっとするというのは男女を問わず納得だろう。

 もちろん、世代的に受け入れられないという声も聞こえてきそうだが、中高年世代の婚活者ならば多少の炊事洗濯はこなしているはず。決してずば抜けている必要はないのだ。

 「料理が上手とか、掃除好きという必要もありません。何より大事なのは、家事に協力する姿勢があるか否かです」(前田氏)

 三高に悩まされ、婚活に苦戦している中高年は、この家事力を突破口に頑張ってみてはいかがだろう。  (葛西由恵)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。