【いやら収集】「日本艶歌集」 今ならセクハラ 昭和歌謡のエロ替え歌集 (1/2ページ)

2016.09.14

ひたすら下品でくだらない歌ばかり(画像を一部加工しています)
ひたすら下品でくだらない歌ばかり(画像を一部加工しています)【拡大】

 タイトルは『日本艶歌集』とうたってるくせになぜか冊子の表紙は外国人女性によるヌーディスト・ビーチである。

 昔からヒット曲には替え歌がつきもの。替え歌されてこそヒット曲といえるだろうが、どんなことも下品でおとしめてみたいと考える輩も昔からいるもんだ。

 ページをめくる。

 エロ替え歌(これを称して“艶歌”と言いたいようだが)、“あぁ上野駅”に始まり、ラスト曲は“理由(わけ)”。

 全149曲もせっせと下品に作り替えてるわけだけど、当然のことながら全曲昭和歌謡である。

 昭和30(1955)年代生まれの僕ですら知らない歌もたくさんあるけど、『アルプス一万尺』なんてのも入ってるので少し書き出してみよう。

 “妊娠したかと
  彼女にきけば
  あなたの子じゃない
  大丈夫
  ランラララララ…”

 実にくだらない。

 こんな艶歌をどこで披露するのか?

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。