日米で大差! アンダーヘア「全てなくす」か「できるだけ短く」が米国の常識だった (1/2ページ)

2016.10.16

アンダーヘアの手入れ、日米で大差! 「全てなくす」か「できるだけ短く」が米国の常識だった
アンダーヘアの手入れ、日米で大差! 「全てなくす」か「できるだけ短く」が米国の常識だった【拡大】

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>

 近年では、日本でも当たり前になりつつあるアンダーヘアの手入れ。では、海外ではどうなのか? シック・ジャパンが昨年、アメリカ在住の20代〜30代男女400名(男女200名ずつ)を対象にアンダーヘアのお手入れに関する意識調査を実施したところ、アメリカのお手入れ率と比較すると大きな差があることが判明。アメリカでは性別問わず、約9割の人がお手入れをしているようだが、日本では6割。日本とアメリカではアンダーヘアの手入れに大きな意識の違いがあるようだ。

◆お手入れ方法はカミソリが主流

 日米ともにお手入れの方法は、自宅で手軽に使用できる「カミソリ」が主流なようだ。また、日本では医療機関・サロン、アメリカではブラジリアンワックスでのケアが多いという違いが見られる一方、アメリカでは「トリマー」の使用率が高く、セルフケアにうまく「トリマー」を取り入れていることがわかった。

◆アメリカでは「毛を全てなくす」スタイルが主流

 アンダーヘアのスタイルは日米で大きな差があることがわかった。日本では、下着からアンダーヘアがはみ出さない自然な形に整えるのが主流なのに対し、アメリカでは、「毛を全てなくす」スタイルが6割近くを占めた。一方、日本では「毛を全てなくす」派は、1 割にも届かずかなり少数派。さらに、アメリカではパートナーに「毛を全てなくして欲しい」「限りなく短く整えて欲しい」と答えた男性が約半数ずつとなっている。

 アメリカの男性に「アンダーヘアのお手入れをしていない女性をどう思うか」を聞いたところ、半数以上の人が、「魅力的でない」と回答。なかには「逮捕されるべき」(30 代男性)という厳しい意見もあった。アメリカでは、アンダーヘアのお手入れに対して「エチケットとして当然」という意識が高く、「清潔感」の印象にもつながっているようだ。

@DIME

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。