「水なし」「フィルム状」の新バイアグラ 効果の発現時間や持続時間は従来と同じ (1/2ページ)

2016.11.10

成分含有量の違う2種類がある
成分含有量の違う2種類がある【拡大】

  • <p>厚さ0・2ミリのピンク色をしたフィルム製剤</p>

 10月21日に新型のED治療薬「バイアグラODフィルム」が発売された。世界初のED治療薬の誕生から18年、製造・発売元のファイザーが日本オリジナルの新バイアグラを登場させたのだ。従来のED治療薬と何が違うのか。

 ◇

 「バイアグラ」が日本で発売されたのが1999年。2004年以降には「レビトラ」「シアリス」が発売され、2014年になるとバイアグラの特許切れに伴ってジェネリック(後発医薬品)も発売されている。

 先発の3大ED治療薬には、効果の発現時間や持続時間にそれぞれ個性があり、効き方のニーズによって患者が選ぶことができる状況にあった。そこへ新バイアグラの登場。従来のED治療薬との違いを同社広報部の担当者が説明する。

 「成分は『シルデナフィル』なので、効果の発現時間や持続時間は従来のバイアグラと同じです。大きな違いは剤形。ED治療薬では国内初のODフィルム製剤(厚み0・2ミリ)なので、携帯しやすく、水なしで飲めて、3秒で口の中で溶けるのが特長です」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。