ネットで買うED治療薬の危険性 (1/2ページ)

2016.12.22

ED治療薬の正規品と偽造品。素人では見分けがつかない
ED治療薬の正規品と偽造品。素人では見分けがつかない【拡大】

 ED治療薬は、どこから入手しているだろうか。医療機関に行くのは「面倒」「恥ずかしい」と、インターネット(通販・個人輸入)で購入していたら要注意。「ネット購入の約4割がニセモノ」という調査結果が報告されているからだ。

 ◇

 ネットで流通するED治療薬の偽造品の実態を調べたのは、国内でED治療薬を製造・販売する4社(ファイザー、バイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリー)による合同調査。2009年に続いて2回目となる。

 調査対象は、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を扱う日本とタイの個人輸入代行業者のネットサイト(日本人向け)から購入したED治療薬(70サンプル)。タイを選定対象にしているのは、偽造品の日本への流入報告が多いからだ。

 その結果、分かったのは国内外発注分の全体では40%が偽造品。国内発注では35・6%、タイ国内発注では48%が偽造品だったという。各社が成分分析をすると、有効成分含有量の超過や不足、まったく含まれていないもの、他の成分や複数の不純物が含まれるものが確認されている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。