「官能小説のススメ」 読書は想像力がフル活動、文字で楽しむ性愛 (1/2ページ)

2017.03.09

末廣氏のおススメ著作
末廣氏のおススメ著作【拡大】

  • <p>末廣圭さん</p>

 アダルトDVDやネットのセックス動画などの普及で需要が減りつつある官能小説。しかし、読書は想像力をフルに働かせるので、脳にいい刺激を与えてくれる。即物的なセックスに飽きを感じたら、文字で楽しむ性愛をおススメしたい。

 ◇

 官能小説は読者を勃起させるのが目的になるが、読者の想像力が豊富なら、その性的刺激は何倍にも膨らむところが動画とは違う。官能小説家の末廣圭さん(76)はこう話す。

 「映像よりも文字で脳に刺激を入れた方が、脳の活性化にはあきらかにいいと思います。私も何か参考になるものがないかネット動画を見ることがありますが、映像だとやることが一緒なのですぐ飽きてしまう。それに出てくる女優が好みでないといやになる。その点、文字はストーリーの発想が非常に豊かです。それに映像になって出てこないので、登場する女性を想像で自分の好みのタイプに転化できるのも小説のいいところです」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。