【みうらじゅん いやら収集】“恥”が抜け落ちた時代 エロ下着、どげんかせんといかん! (1/2ページ)

2017.05.17

エロ下着、どげんかせんといかん!
エロ下着、どげんかせんといかん!【拡大】

 昔から体育会系じゃないので、どうも裸ってヤツが苦手である。

 特にスッ裸。スッポンポンには全く感じない。そりゃ、いきなりスッ裸の女が立ってりゃドキッとはするだろうが、しばらくして“それ、フツーじゃん”と思うに違いない。

 かつて栗本慎一郎氏が著した本のタイトルに『パンツをはいたサル』なんてのがあって、内容はよく覚えてないけど人間って初めてパンツをはいた、またははいてる人を見た時から“いやらしさ”を覚えたのではなかろうか? それはフツー、動物では付いていて当然の性器を恥ずかしいものと自覚した瞬間であったろうからだ。

 そもそもは性器を守り隠したりする役目で生えてくるアンダーヘアもパンツをはいたことで一気に“陰毛”という日陰者のネーミングを与えられ、それすらも恥ずかしいものとなった。一時期、日本でもそのヘアを解禁せよと論争が巻き起こった末、そこはま、いいっか!ってことで、アートという逃げ道を見つけてようやく日の目を見た。しかし、それといっしょにエロでは最も大切な要素“恥”が抜け落ちてしまい結果、草食なるビンビンこない男子が派生した。

 エロはナイーブだ。シルクのパンティくらい薄く傷付きやすい。そしてエロの大敵は“慣れ”だ。もはや隠さなくなったものに何も感じない。だから逆に世の中は隠しごとでいっぱいになってしまったのだ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。