セックスで前立腺がん予防!? 完全なる研究段階、月20回以上もの射精が必要との情報も (1/2ページ)

2017.05.22

夜の営みが前立腺を守るという説が。試してみましょうか?(深澤宏太撮影)
夜の営みが前立腺を守るという説が。試してみましょうか?(深澤宏太撮影)【拡大】

 死亡率の高い病気といって、まず頭に浮かぶのががんです。がんにもいくつか種類がありますが、近年増加傾向にあるのが、前立腺がんです。世界的に見ると日本人の発症率は低いですが、安心はできません。

 前立腺がんは50代から発症頻度が高くなり、60代以降死亡率も増えてきます。他のがん同様に早期発見が重要ですが、やっかいなことにあまり自覚症状がありません。なんとなく尿が出にくかったり、夜間の排尿回数が増えたりするなどの傾向がありますが、これは『前立腺肥大症』と症状が似ているため気付きにくいのです。

 そもそも前立腺とは何か。ぼうこう下に位置し、尿道を取り囲むようにして存在するクルミ大ほどの器官です。男性のみに存在し、射精や排尿といった行為に大きく関わっています。弊害が生じれば、こうした機能に支障をきたすことになります。精力低下にも繋がりかねません。

 近年増加傾向にある要因としては、食生活の欧米化や高齢化によるもの。また、医療の発達により早期発見が可能になったことなども挙げられます。この発見の際に用いられるのが、PSA検査です。前立腺から分泌されるタンパク質量を測定する血液検査のこと。50代以降は定期的に行ってほしい検査です。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。